Labs

部門長:安達 泰治

多階層バイオメカニクス
 

分子・細胞レベルの力と組織・器官レベルの力が影響を及ぼしあい、互いのふるまいを調節する多階層な生体システムにおける力の役割を、実験と数理を統合したバイオメカニクス研究により明らかにします。

部門長:今吉 格

生体機能操作
 

モデル動物、特にマウスの個体内の特定の細胞種に、蛍光たんぱく質や機能性分子を発現させるための、遺伝子改変マウス技術やウイルスベクターの開発を行います。また、細胞・生体機能を光操作するための新規技術の開発を行います。これらの技術を適応して、脳機能の発達・可塑性・再生過程の制御機構を明らかにします。

部門長:上村 匡

個体機能発現

 

栄養バランスや感覚刺激などの「環境」からの入力に対して、動物の成長と老化あるいは行動を調節する分子機構や神経回路の動作原理を、マルチオミックスや分子遺伝学的・光遺伝学的手法を通して明らかにします。

部門長:影山 龍一郎

発生動態システム
 

培養細胞や組織における遺伝子発現を発光・蛍光レポーターを用いてライブイメージングするとともに、光遺伝学的手法で摂動を加えることによって、遺伝子発現振動の意義を明らかにします。

部門長:本田 直樹

データ駆動モデリング

 

動的で複雑な生命現象の裏に潜むパターンや規則性を、計測データから統計解析や機械学習により抽出することで、数理モデルへと繋げ、生命現象のメカニズムに迫ります。

部門長:松田 道行

先端バイオイメージング

 

分子活性や細胞機能などの普通は見えないものを、蛍光バイオセンサーを使って培養細胞や生きたマウスの組織で可視化し、細胞間コミュニケーションの原理を明らかにします。

CONTACT >

EMAIL: sysbio.office[at]lif.kyoto-u.ac.jp
TEL: 075-753-9450
FAX: 075-753-4698

 

ACCESS >

〒606-8501

F Bldg, Medicine Campus,

Yoshida-konoe-cho, Sakyo-ku, Kyoto
京都府京都市左京区吉田近衛町
京都大学医学部構内F棟1階

Copyright © 2018 Research Center for Dynamic Living Systems  生命動態研究センター  All Rights Reserved.